長期間ログインされておりません
パパ活


今日:00001
昨日:00001
総合:00015

お金くれる男性
私には好きな人がいます。それは私の友達の彼氏。彼は私の小学校からの幼馴染。その時は異性としてまったく意識をしていなかったし、友達を紹介したのも私でした。しかし、だんだんと男らしくなって行く幼馴染に私は好きという気持ちが芽生えてきたけれど、その時は時すでに遅く私の友達と付き合っていました。そのため今は幼馴染から彼女についての相談相手になっています。

「最近、敦子の様子がおかしいんだけど何か知ってる。」「なんでそう思うの。」「服装とか派手になってきたし、よく奢ってくれるし、なんか怪しいんだよね。」「分かった。今度さりげなく聞いて見るよ。」私は早速友達の敦子と一緒に飲み屋へ行きました。酒が入ればなんでも教えてくれるかなと思ったからです。そして案の定、敦子の口から意外な言葉が出ました。「菜々もパパ活したらどう。私パパ活していたおかげでパパに出会えたし、お小遣いを貰ったりしてるんだ。」「えっ、なんでお小遣いもらってるの。Hとかしてるの。」「お金のためにね。」「彼氏は知っているの。」「知らないし、でも何か疑っている様子だからそろそろ別れようかなと思っているの。」友達の言葉が衝撃でした。

後日、幼馴染に会いました。「どうだった。」パパ活の話は出来ない。だから私は彼に言いました。「理由は聞かないで、でも別れた方がいいと思う。友達と別れて一掃のこと私と付き合わない。」「えっ。」「ゆっくりでいいから、私のことを女としてそろそろ見て欲しい。」それを言って私はその場を後にしました。その後、友達と幼馴染は別れて、今では彼を慰めるために私と頻繁に会っています。
お金を貰う
お金もらう
[HP編集]